BIO

2017.04
20170408zousyousiki

国立劇場文楽賞奨励賞受賞。
2015.04
20150405

文楽協会賞受賞。
2014.04
20140405

文楽協会賞受賞。
2012.04
H240407bunrakusyou_3

国立劇場文楽賞奨励賞受賞。
2012.02
十三夜会賞 奨励賞受賞。
2011.04
文楽協会賞受賞。
2009.04
文楽協会賞受賞。
2006.04
文楽協会と正式に技芸員契約を結ぶ。
〜2006.01
中学校・高校に行きながら大阪公演にのみ出演。
2001.01.03
4

師匠の 七代 鶴澤寛治襲名 に併せて、
増補忠臣蔵 本蔵下屋敷の段で初舞台。
極度の緊張と不安で、琴の旋律を口ずさみながら弾く。
2000.
菊重精峰先生より琴の手ほどきを受ける。
1999.
鶴澤寛太郎の名前を戴く。祖父と孫から師匠と弟子へ。
1998.
祖父より三味線の手ほどきを受ける。
1997.秋
三味線を弾きたいと祖父(八代 竹澤団六 現鶴澤寛治)に進言。
1993.06.06
3

事始めの日に琴を始める。
二人の弟と共に、毎週末小遣い欲しさに通う。
1988.06.18
2

初めてしゃべる。
誕生日ケーキを前に"おいちい"と叫び、
今日のおしゃべり人生への第一歩を踏み出す。
1987.06.18
1

奈良県内の病院で生を受ける。
姓名判断士の方に名前を付けていただき、
今日まで同姓同名や同じ漢字の人にも出会わず生きる。